前へ
次へ

営業系の仕事で個人営業の特徴とは

転職を検討している時に募集内容でよく目にするのが営業系ですが、その中でも個人営業系という物があります。
この個人営業というのは、法人営業系とは異なり、一般の家庭や個人の顧客に対して行う仕事です。
法人営業との大きな違いは、扱う金額の大きさやその規模でしょう。
個人営業で取り扱う商材は、有形の物品では電化製品などが多く、その他にも生活必需品の食品や洗剤と言ったものもよく販売されています。
一方で無形の商材としては不動産や保険などが一般的ですが、近年ではネット回線などの通信系の商材も目立ってきているのが特徴です。
個人営業系の仕事は、結果が出るスピードも特徴の1つです。
訪問販売などの営業系では実際の商品を個人の顧客に売り込み、納得していただいたらその場で商品が販売できます。
決定権はそのお客様にありますので、いかに商品の魅力やメリットを伝えるのかが重要なポイントでもあり、人柄やコミュニケーション能力も個人営業系の仕事で大事だと言えるでしょう。

Page Top